| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ロヴァニエミ旅行記 03
ro03K.jpg
ro03C.jpg

ロヴァニエミの高速バスターミナルより南に約80km。
バスで2時間。

行ってきました。
世界最北端の動物園に。

ro03B.jpg

ラヌア動物園です。

チケットを買って入り口をくぐると、宗教的な何かと予想されるコレ。

ro03J.jpg

ガイドブックには、極北の動物たちがいるとのことでした。

…が。

ro03G.jpg

当たり一面の銀世界。

…すぎて、動物たちがいません。

確か、この時点で気温は氷点下15度くらいだったと記憶してます。

ro03E.jpg

寒かったです。

ro03F.jpg

娘よ、娘。
どうやら、鳥さんがいるようだよ。

ro03H.jpg

…。

檻の中も、一面の銀世界。

いたような…いなかったような…。

とにかく、寒かったです。

ro03I.jpg

午後3時。

常にやかましい娘が、太陽が沈むにつれ静かになっていくことに、少々心配。

ぐんぐん暗く、そして、寒くなっていきました。

ごめんよ、娘。

ro03D.jpg

暗くなるにつれ、幻想的なほどに青みが増していく空がキレイでした。

残念なことに、写真はこれで終わりなんです。

この後、カメラが結露を起こして、使用不可状態に。

とにかく、閉園までダッシュ。

下がり続ける気温と闇に少々、恐怖を覚えまして。
なんせ、道を一本外すと、森。

ルートを示す看板が闇のせいで、全く見えなかったのです。

寒さのあまり、泣き出す娘。
ヒドい親です。

群れでたくましく闊歩するオオカミだけは印象的だったものの、動物はやっぱりいたような…いなかったような…。
この時期にこの地域での動物園鑑賞は、あまりオススメできないかもしれません。

試練はここからでした。

閉園は午後4時。
バスの到着時刻は午後6時。

受付のオバチャン曰く、土産物屋が5時までやってるからそこで待て、とのこと。

残り1時間は?

どうにかなるだろうと、温度計を見ると、氷点下20度。

かまくらが設置してあったので、時間をつぶしつつ、バス停へ。

午後6時。

バスの気配ゼロ。

顔がちぎれるほど寒い中、せめてもの救いは、娘が元気に同じ境遇の外人の子どもたちとはしゃぎ回っていたこと。
鼻水でぐしょぐしょでしたが。

さらに、40分。

ようやく、バス到着。

寒かった…。

救われた…。
スポンサーサイト

| 旅のはなし | 19:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ロヴァニエミ旅行記 02
20091221_01_02.jpg

そもそもの旅の目的。
「サンタクロースと写真を撮る」をまずは達成しに、Santa Claus’ Villageまで。

20091221_02_02.jpg

このSanta Claus’ Villageから、正式に北極圏に入るそうです。
北極圏到達証明書がいただけるのですが、もちろん、有料。
1歳の娘の分だけ購入。

白いラインが北極圏の境界線。

_IGP0588.jpg

サンタクロースは真ん中の建物にいるとのこと。

20091221_04_02.jpg

サンタクロースの部屋の扉の前にいたお姉さん曰く。

「この扉の中で、サンタクロースにまつわるお話や歴史が勉強できるから、楽しんでね。
その先に、サンタはいるワ。」

的なことを言っていたので、入ってはみたものの、
特にそれにあたるものがなかったのが謎。

ちなみに、下の写真はサンタとの写真待ちの行列。

20091221_03_02.jpg

ふと、壁に目をやるとサンタとの写真が展示されておりました。

20091221_05_02.jpg

よーく見ると、テレビで見慣れた顔が…。

20091221_06_02.jpg

列を抜けると、サンタの間。
というよりは、サンタ写真スタジオ。

サンタの第一声。

「コニチワー。」

日本語を操るサンタに少々戸惑いつつも…。

20091221_04_02

撮影した写真は、もちろん有料にて提供。
写真でもデータでも、なんでもござれ。
ムービーすら、希望すればいただける始末。

もちろん、有料。

こちらは、サンタクロース郵便局。

_IGP0521.jpg

その場で購入、その場で書いて、その場で送れます。

_IGP0542.jpg

トナカイのソリなんかにも乗れたりできます。
やっぱり、有料。

_IGP0509.jpg

なんとなく、娘にフラッシュをかましてやりました。

_IGP0595.jpg

ホテルに向かう途中の夜の町。

_IGP0615.jpg

Santa Claus’ Villageは、なんというか…。
物珍しいのは間違いないのですが、もう少しだけ、ファンタジーなつくりにしてほしいというか…。

来年のクリスマス、娘にサンタからの手紙が届くように仕組んでおいたので、今回の写真と手紙で成長した娘がどう反応するのか楽しみであります。

ま、完全に仕組まれたウソなんですが。

| 旅のはなし | 02:18 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

ロヴァニエミ旅行記 01
ロバ01

「サンタクロースと娘の写真を撮りたい!」

ハ?

と、思いましたが、北欧はまだ私にとっても未体験ゾーン。
面白そうなもんが見られるかもしれないと思い…。

行ってしまいました、フィンランドはロヴァニエミ。

1221_02.jpg

ロヴァニエミは都市というにはあまり小さく、1日もあれば歩いて回れてしまいそうな規模でした。
気温はだいたい-10℃前後、日によっては-20℃ぐらいに落ち込むこともあり、防寒着は必須。
とはいえ、ローカルの連中はジーンズにジャケット程度でしたが…。

1221_03.jpg

町の入り口には3m以上の巨大な雪だるま。

1221_07.jpg

チビッコサンタたちを発見。

1221_06.jpg

スマーイルー!

1221_05.jpg

店にガンとばされました。

1221_04.jpg

町の中心には巨大なクリスマスツリー。
こっちのイルミネーションはとても質素で、おごそかな雰囲気がでてました。

1221_11.jpg

やはりあった、マクドナルド。
この繁殖力は驚異的です。

1221_09.jpg

ちなみに、ロヴァニエミ店は最も北にあるマクドナルドだそうです。

1221_10.jpg

信号にも個性を感じましたので一枚。

1221_08.jpg

時差は7時間ほどなのですが。

日はあまり昇りません。
8:00ごろに撮影した写真なのですが、暗いですね。

北緯が高い地域にいる実感ができて好きなんですよね。
日が昇らないってのは。

| 旅のはなし | 15:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

あれに見えるは
_IGP0549.jpg

フィンランドはロヴァニエミより。

サンタクロース村です。
寒いです。
ユーロ高いです。

ちなみに、この村から北極圏になるそうです。

初日から、飛行機はDelayするわ、荷物は届かないわ、子どもは暴れまくるわで、修行かと思いました。

| 旅のはなし | 15:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

リユニオン
_IGP7771.jpg

グアムで出会った連中。

ホテル近くのビーチをウロウロしていたところ、何やら、パーティがありましてね。

飯、食ってきなよ!
と。

10代の女の子に、声をかけられまして。

いいの?

いいに決まってるじゃない!

と。

たぶん、現地のチャモロ人だと、思われるその女の子に。

なんのパーティなの?

と、聞くと。

ファミリーリユニオンパーティだよ。

と。

まぁ、意味不明だったんですが。
家族同士が再び仲良くなって、めでたしめでたし。

とか、そんな感じなんだろうと、勝手に解釈して飯食わせてもらいました。

豚の丸焼き、最高に美味でした。

そして、チャモロ人(たぶん)、最高にイイ連中でした。

なんで、日本人はこうなれないんでしょうかね。

| 旅のはなし | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。