PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

泥山(エジプト旅行記03)
エジプトと言えば、ピラミッド。
というより、他にたいした歴史も知らない我々です。

そんな、我々のことをツアー会社も分かってらっしゃる。

夜中に着いたのにもかかわらず…。
2日目の朝っぱらから、ピラミッド見学(ギザの三大ピラミッド)です。

(左:クフ王のピラミッド)
(右:カフラー王のピラミッド)
070917_01.jpg

ふと見回すと、お約束の乗り物におっさんらが揺られてました。
070917_02.jpg

うむ、こりゃエジプトですな。

今回、初めて知ったんですけど、エジプトにピラミッドは大小含めると数百にものぼる…とか、なんとか。
なかでも、最も規模が大きく、有名なものが「ギザの三大ピラミッド」というわけです。

まー、詳しい歴史やらなんかは、思いっきり省かせていただきますが、なんというか…。

「バカって素晴らしいなぁ…。」

と。

ピラミッドを見て、即座に頭に浮かんだものは…子供のころ、よく作った砂山。
大小の違いはあれど、基本的なコンセプトはピラミッドも子供の砂山も…たいして変わらねーな。

うむ、砂山の究極形をオレは見た。

そんな印象。
070917_03.jpg

いちおう、中にも入れるようになってましてね。
入ってきましたよ。

(上:現在の入り口、元々は盗掘用に開けられた穴)
(中:盗掘用の穴と正式な入り口)
(下:正式な入り口)
070917_04.jpg

入り口には、守衛だか、ボランティア精神旺盛なホームレスだか…胡散臭い連中がはびこっていましてね。
写真撮影は禁止。

急勾配で狭くて暗い階段を下りると…大きな部屋が出現。
棺と思われる物体が一つ、それだけ…。

フーン。

フーン…。

うーん…。

…。

ただ、紀元前3000年近く前に建造されたことを考えると…恐ろしいほどの精巧な石加工技術。
その事実には、ただただ感心。

人間やる気になりゃ、なんでもできんな…と。

まー、棺の中に入って写真を撮るような、オチャメな行為をする観光客もいるとのこと。
そのままミイラになればいいのに…マッタク。

(上:手前にカフラー王のピラミッド、奥がクフ王のピラミッド)
(下:メンカウラー王のピラミッドも加わった、三大ピラミッド全景)
070917_05.jpg

広大な砂漠の中に、突如として現れるこの物体を初めて発見した人は、どんな感覚だったのか?
と、思わせるくらいに不思議な光景でしたよ。

神の仕業か、悪魔の仕業か。
人間以上の存在を感じてしまうだろうなぁ…。

↓ とはいえこんな輩ばかりでしたが。
ちなみに、コイツにはキッチリカモられました。
070917_07.jpg


(写真提供、どうもありがとうございます。)
070917_09.jpg

スポンサーサイト

| 旅のはなし | 02:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bigmeat.blog78.fc2.com/tb.php/25-33de97d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。